「魚のアメ横」と呼ばれるエリアからわずかに離れた場所にあり、日本海に浮かぶようにして建っています。

中に入ると「ウミガメ」がお出迎え

水槽に手をかざしたら、追いかけてきましたけど(笑)

小さな施設ですが、「ダイバーによる餌付けショー」や「テッポウウオの餌取り射撃ショー」など工夫されたイベントもありました。

訪問時に展示されていた生物の一部です。

チンアナゴ

南アメリカ最大の淡水魚「ピラルク

ハリセンボン

キッシンググラミー “キス”をする魚として有名なようですが、「最近はキスをしてくれません・・・」という表示がありました(笑)

グラスフィッシュ 体が透けて見える魚!!

他にも・・・

2階の屋外スペースには、ペンギンもいました

天気が良ければ、景色も良かったんだと思います・・・

ドクターフィッシュもいました

◆寺泊水族博物館
http://www.aquarium-teradomari.jp/event/index.html
3+
avataravataravatar
Leave a reply